皮膚科診療について

 当院では、一般診療に加え犬や猫の病気の中でも特に多い皮膚疾患に力を入れております。皮膚は最大の臓器であり、目で病変を確かめられることができる唯一の臓器です。皮膚疾患の中でも最も多い3大疾患である「アレルギー性皮膚炎」「角化症」「感染症」にターゲットを絞り込むことにより、より効率的に情報収集を行い、これらの疾患で悩んでいる近隣の飼い主様とその"お子さん"へ還元してゆきたいと思っています。
 また、診断・治療に関しては、プリモ動物病院グループ皮膚科チームの一員として、連携の下、最良の成果を提供できる体制を整え、「減感作療法」など最新の治療法も導入しています。
 皮膚病やアレルギーでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。なかなかご都合のつかない方には、メールでのご相談も受付けています。

院長 政次英明

犬や猫の3大皮膚疾患

【アレルギー】

食物性アレルギー
 特定の食物抗原に反応して痒みを出す皮膚病です。(牛肉を食べると痒がる、鶏肉を食べると痒がる、など。) アレルゲンが特定できれば、食事管理により症状を改善することができます。

アトピー性皮膚炎
 ダニやカビ・花粉などのアレルゲンに免疫機能が過剰反応して起こる皮膚炎です。「遺伝要因」と「皮膚のバリア機能不全」という2つの素因が関わっています。

ノミアレルギー
 ノミに刺されることでノミの唾液に対して激しいアレルギーを起こすようになってしまう症状です。ノミアレルギーの犬は1匹に吸血されるだけでも激しい症状を発症し、痒がります。

【角化症】

 角化症とは、皮膚の表面にある角質が正常に作られなくなっている状態の総称です。角化症になると、乾燥による痒みや、細菌感染やアレルゲンの進入が容易になることで、皮膚病を悪化させます。
脂っぽくなる脂漏症や乾燥肌のどちらか、もしくはその両方に陥ります。また、マラセチアなどの感染症としばしば合併します。

【感染症】

膿皮症
 細菌感染による皮膚病として最も多くみられるのが膿皮症です。痒がる皮膚病の代表的な1つで、他の皮膚病に合併して症状を複雑化することが多いです。

マラセチア皮膚炎
 マラセチアという酵母によって引きおこされる感染症です。脂っぽい体質の犬に多い傾向があります。アトピー性皮膚炎などで皮脂の分泌が亢進することで増殖しやすくなり、症状を複雑化します。

疥癬
 疥癬というダニの感染症です。ダニは皮膚にもぐりこみ、その糞などに対するアレルギー反応として激しい痒みが発生します。

毛包虫症
 ニキビダニという毛包に住むダニによって引きおこされる皮膚病です。細菌感染が合併して症状をひどくすることが多いです。ほとんど全ての犬がニキビダニを持っているのに、特定の犬にだけ激しい皮膚病を引きおこすことが知られています。その原因としては遺伝的体質や高齢犬の内分泌疾患による皮膚のバリア機能の低下などが挙げられます。

皮膚糸状菌症
 皮膚糸状菌によって起きる感染症です。ウッド灯検査や被毛を顕微鏡で見る検査、培養検査などによって診断されます。

ノミ・マダニの感染
 ノミやマダニの感染症です。特にノミの感染は激しく痒がります。春から秋に草むらなどで感染します。

各種検査

当院では、必要に応じ詳細な検査を実施しています。

●皮膚の直接鏡検 ・皮膚掻爬検査 ・毛検査 ・細菌培養 ・真菌培養
●アレルギー検査(ハウスダストマイト・樹木・雑草・真菌・食物等)
●血液生化学検査 ・ホルモン検査 ・皮膚生検

治療について

〜減感作療法導入のお知らせ〜

 減感作療法は、アレルギーを起こしている物質(アレルゲン)を、少しずつ、また量を増やしながら体に注射していくことで、その物質に対する感受性(反応)を低下させていく治療法です。
 アレルギーの自然治癒を促し、また新たなアレルギーを予防する治療法で、通常行なわれている対症療法での治療、維持が困難なケースで推奨されます。
 犬や猫のアレルギー治療に関してお聞きになりたい方、減感作療法に関してご質問のある方は、お電話またはメールでのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

【食物アレルギーの食事管理】

 痒みの原因となる食物抗原が含まれていないドックフードに変更するだけで皮膚の痒みが改善することは少なくありません。動物病院用の処方食にはタラやナマズといった、ペットがこれまで食べたことのない食材で作られた食物アレルギー用処方食があります。牛肉や鶏肉だけでなく、小麦、ポテト、米などにも反応していることもあります。食物アレルギー単独ではなく、花粉やハウスダストマイトなどの環境のアレルゲンに対するアトピー性皮膚炎が絡んでいる場合は、ドックフードを変えたからといって症状がすぐに改善するわけでもありません。目隠し状態で治療するより、"ヘリコプターからサーチライトを照らして犯人を見つける"かのようにアレルギー検査を行い、アレルゲン(犯人)を特定してから、見合った治療することをお勧めします。

治療例

〜治療例〜

【毛包虫症】

1歳のこのワンちゃんは、7ヵ月前より背中に2箇所の痒みのない脱毛と丘疹がみられました。他院でアレルギーと診断され、注射や内服薬の治療を約4ヶ月間受けていましたがなかなか改善されず、当院にセカンドオピニオンで来院されました。
皮膚掻爬検査で毛包虫が数多発見され、「毛包虫症」として治療を開始しました。
約2ヵ月後には、脱毛部はほぼ目立たなくなりました。膿皮症も併発しているため、シャンプーによる継続的なケアを行っています。

治療前

治療後

【皮膚糸状菌症】

生後3ヶ月ほどのこの猫ちゃんは、皮膚の赤みや脱毛が広がってきたとのことで来院しました。痒みはありませんでした。
 口角や耳介、胸〜腹部、四肢とほぼ全身にわたり脱毛、発赤、表皮小環、瘡蓋、落屑がみられました。顕微鏡で被毛の検査を行ったところ、分節型分生子を認めたため皮膚糸状菌症と診断し治療を開始しました。抗真菌剤を用いた治療開始後14日目には、皮膚の赤みや脱毛は目立たなくなり毛も生えてきました。
皮膚糸状菌症は、子犬や子猫、他の病気で抵抗力が低下している犬・猫によくみられる病気です。時に動物の全身に広がり、飼い主様に感染することもありますので注意が必要です。

治療前

治療後(14日経過)

【アトピー性皮膚炎・食物アレルギー】

 1才5ヶ月のこのワンちゃんは、7ヵ月齢の時から手足、耳を痒がり始め、徐々に頚部、前胸部、両脇、腹部に赤みと重度の痒みが広がっているとので来院されました。
 アレルギー検査の結果から、「ハウスダストマイトによるアトピー性皮膚炎」と「牛肉などによる食物アレルギー」と診断し、アレルゲン回避のため環境整備と食事変更、シャンプー療法を行いました。また、重度の痒みがあるため経過処置として、ステロイドとシクロスポリン(免疫抑制剤)を併用した治療を開始しました。

治療前

治療前

 約1ヵ月後には、前胸部や腹部の赤みが改善し、痒みもあまり気にならないレベルまで低下しました。現在は、内服薬を徐々に減らしながら、痒みに悩まされること無く生活できるようにケアをしています。

治療後1ヶ月経過

 アトピー性皮膚炎とは環境アレルゲン(花粉やダニ)によるアレルギーであり、食物アレルギーは文字通り食物アレルゲンによるアレルギーのことをいいます。若齢であってもアトピー性皮膚炎を発症する事はありますし、高齢でも食物アレルギーを発症することもありますので注意が必要です。

ページトップへ